ダイキン工業
製品情報 会社情報 お問い合わせ(総合) サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 18203
  • 公開日時 : 2021/12/15 12:40
  • 更新日時 : 2021/12/15 15:28
  • 印刷

凍結時の応急対応(すぐにお湯を使いたい場合)(エコキュート)

凍結が原因でお湯が出ないときに、すぐにお湯を使いたい場合の対処方法
カテゴリー : 

回答

気温が上がり凍結箇所が自然に解凍するまでお待ち頂くことをおすすめしていますが、すぐにお湯が必要な場合はお客様の責任で以下の方法をお試しください。
・ここでは貯湯タンクの給水配管に取付けられている給水止水栓の凍結の解凍方法をご案内いたします。
説明のため分かりやすい画像を使っていますので実際の状態とは異なることがあります。
・給水止水栓以外で凍結している場合は箇所の特定が難しいため、気温が上がり自然に解凍するまでお待ちください。
対応前の準備
給水止水栓が回るか確認して止水栓が凍結していないかを調べる
≪手順≫
①お湯側の給湯栓を開く
家のどこか一か所の蛇口を開けておいてください。
②給水止水栓を探す
・給水配管の途中に取り付けられています。
本体付近に取付けられていることが多いです。

・貯湯タンク本体に『水』のマークがある配管が給水配管です。
貯湯タンクに脚部化粧カバーが取り付けられている場合は取外してご確認ください。
※ケガをしないように軍手等を使用してください。

③給水止水栓を回してみる
右側に回してください、回る場合は元に戻してください。
【安全上のご注意】
硬くて回らないときは無理に回すと破損する恐れがあります。
◆給水止水栓が回らない場合
・給水止水栓内部で凍結しています。
次の「給水止水栓が回らない場合の応急対応」へお進みください。
◆給水止水栓が回るのにお湯がでない場合
・給水止水栓以外の箇所で凍結しています。
気温が上がり自然に解凍するまでお待ちください。
給水止水栓が回らない場合の応急対応
養生してぬるま湯(30~40℃)を給水止水栓にかける
(準備するもの)
・タオル
・ラップ
・ビニールテープ
・ぬるま湯(30~40℃)
≪手順≫
①給水止水栓の下の断熱材にラップを巻く


②ビニールテープを巻いてラップの内側に水が入らないようにする
※水が入ると凍結の原因になります。


③給水止水栓にタオルを巻く


④ぬるま湯(30~40℃)をゆっくりかける
・時々、蛇口からお湯が出ているか確認してください。
・給水止水栓が回るまでぬるま湯(30~40℃)をかけ続けてください。
【安全上のご注意】
熱湯をかけるのはおやめください。
配管に亀裂が入ったり給水止水栓が破損する恐れがあります。


◆給水止水栓が回ったのにお湯が出ない場合
・給水止水栓以外の箇所も凍結しています。
箇所の特定が難しいため気温が上がり自然に解凍するまでお待ちください。
⑤家の中の開けた蛇口を閉める
⑥タオルを外して、まわりについた水を乾いた布でふきとる
※水でぬれたままだと再度凍結する恐れがあります。
⑦最後にビニールテープとラップを外す
≪寒さが続きそうな場合の応急処置≫
給水止水栓や配管が露出している箇所に気泡緩衝材(プチプチ)を巻きつけ保温します。

≪手順≫
①給水止水栓など配管が露出した箇所に気泡緩衝材(プチプチ)を巻く
②内側に冷気が入らないようにビニールテープを巻く
・寒さが落ち着けば外してください。
・応急処置のため、完全な断熱を保証するものではありません。
・恒久的な処置についてはお買い上げの販売店へご相談ください。

ダイキン工業ウェブサイトご利用条件 個人情報保護方針 Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.