DAIKIN
ダイキン工業トップ 製品情報 会社情報 お問い合わせ(総合) サイトマップ
お探しのキーワードを入力してください  検索ヘルプ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 12988
  • 公開日時 : 2018/05/06 00:00
  • 更新日時 : 2018/05/11 11:23
  • 印刷

室内機から変わった音がする。(店舗・オフィスエアコン)

回答

以下の音はエアコンの動作上する音ですので故障ではありません。
  「シュー ・ シュルシュル ・チュルチュル」という水が流れるような音
エアコン内部に空気を暖めたり冷やしたりする冷媒が流れている音やドレンポンプが水を汲み上げている音です。
  「プシュー」という音
霜取運転時(※)や運転停止時にエアコン内部の冷媒の流れが切り替わるときの音です。
※霜取運転とは、暖房運転時に室外機についた霜をとかすための運転です。
  「カチッ ・ ジー ・ ウィーン」という音
フラップやルーバーなどエアコンの部品が動作する音です。
  「ピシッ ・ パキッ ・ ピシピシ」という きしむ ような音
運転開始や停止時などの温度変化でエアコンの樹脂部品が、わずかに伸び縮みしたときの音です。
■  上記に該当しない音の場合
上記に該当しない音や上記の音であっても以前よりも音が大きくなったり、
以前しなかった音が突然するようになったりした場合など音が気になる場合は、
お買い上げの販売店または当社に点検をご依頼ください。

当社点検・修理のお申し込みはこちら
  よくあるご質問のTOPに戻る [ お客様サポートページ ]

 
ダイキン工業トップ 製品情報 会社情報 お問い合わせ(総合) サイトマップ
ダイキン工業ウェブサイトご利用条件 個人情報保護方針